×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

禁煙の魅力

禁煙のコツ・たばこの害などを大公開!
健康になってたばこ代が節約できておこずかいも貯まるのに、禁煙しないなんてもったいない・・・

menu
 
TOPに戻る

●イライラからの開放
●たばこの税金
●ニコチンパッチ
●たばこの洗脳
●禁煙日記
●喫煙マナー

コラム

イライラからの開放

禁煙してから分かる実感できたことをご紹介します。
最近実感できることは、イライラが減ってきたことです。
現在の私の禁煙期間は約三ヶ月です。
そろそろタバコの欲求から開放されつつあります。
もちろん完全に禁煙できたのか?(もう二度とタバコは吸わないと断言できるのか?)
に関しては、正直自身がありません。
私はこれまで何回も禁煙してきているからです。
言いかえると、

何回も失敗している。

しかし、今回は、考え方を変えました。
つまり、自分には禁煙のノウハウが蓄積されている。
と考えたのです。
自分は、禁煙の失敗の過程を何回も経験しているので失敗の対策もしやすいですよね。
それで現在の三ヶ月が実現しました。

最近気がついたのは、イライラの回数が減りました。
よく、タバコを吸うのは、ストレス開放のためと言いますよね。
私もかつては、そう思っていました。
今、考えると
正反対のことだったと思います。
なぜなら一日の生活の中でのストレスの発生を増やしていたからです。

私の場合職場は禁煙です。
タバコを吸えるのは休憩中だけ。
タバコが吸えないと、タバコのことが頭から離れなくなり、頭の中をタバコがグルグル回りだす。
そして、いかに早く一服するには、自分はどうしたらよいのか?
思考がすべてそこに集中しだして、苦痛ともいえるイライラを伴う。
で、ようやく一服できたときに
やっぱりタバコがストレス解消に一番と実感するわけです。

ということは、
タバコを、最初から吸わないひとは?

そんな、ストレスは最初からないんです!
喫煙者は、タバコによってできたストレスが、喫煙時に解消されただけ。
それだけだったんです。

つまり、タバコを吸わない人になれば、あのイライラから開放されるんです。
さて、タバコはあなたのストレス解消していますか?

最近ようやく、休憩中の同僚がタバコを吸うのを見ても平気でいることができるようになりました。
今では、休憩時間が残り少なくなって最後の一服をあわててしているのを、冷静に観察できます。
当然、自分も喫煙者だったのでその気持ちは、よーくわかります。
禁煙の現場に戻るのは、不安なんですね。
今から、次の休憩までタバコが吸えないから、吸いだめしておかないと、大変なことになる。

休憩になって、喫煙できたのに、休憩が終わるともうストレスをかかえているんです。

この事実が実感できた瞬間、禁煙の楽しさを感じました。

あなたは、どちらを選びますか?
@ 喫煙者を続けて、ニコチン中毒と禁断症状の緩和を楽しむ。
A 禁断症状でストレスをうけるより、禁煙時は苦しいけど残りの人生は禁断症状から開放される。

どちらを選ぶか、いつ選ぶかを決めることができるのは
あなただけです。

あなたの愛車を高く買取ります!!


急な出費に!10秒審査モビット



ジャパンネット銀行
ネット決済口座とキャッシングが同時に申し込みできます



専門学校・スクールの一括資料請求!


信頼のブランド ■ シティカード VISA ■最短10分審査!